潜在患者数160万人、労働損失額は年間約3800億円─。これは2000年の厚生科学研究で示された、月経困難症に関する推計値だ。

【月経困難症】低用量ピルが処方可能にの画像

ログインして全文を読む