今年6月に発表された「急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン」では、診断とそれに基づく治療を考えるに当たって、臨床診断基準が設けられた。急性鼻副鼻腔炎の診療の基本は、Vol.1で紹介した臨床症状と局所所見だ。では実際、どのように鼻を診ていけばよいのだろうか。

鼻腔観察の“秘密兵器”は拡大耳鏡の画像

ログインして全文を読む