もうすぐ冬、インフルエンザや風邪の患者が殺到する季節がやってくる。長引く咳や鼻汁を訴える小児や乳幼児を診た場合、どのような鑑別疾患が思い浮かぶだろうか。安易に抗菌薬や喘息治療薬を処方していないだろうか―。 本特集では、こうした症状の陰で見逃されやすい「急性鼻副鼻腔炎」について、今年6月に策定されたガイドラインの内容を交えながら、診断と治療のコツを紹介する。

知っていますか? 小児の「急性鼻副鼻腔炎」の画像

ログインして全文を読む