iPadにはキーボードはなく、操作は指先で行うため、初めてでも簡単に使える。iPadを用いた電子問診票は、鉛筆を握って文字を書くのが難しい患者でも指で触れるだけで回答でき、回答内容は直接電子カルテに取り込める。外来や病棟では、医療スタッフがiPadで患部の画像を見せながら患者に説明する試みも始まっている。

問診・説明への活用で患者の理解度向上の画像

ログインして全文を読む