明るく色鮮やかな画面は、iPadの最大の特徴だ。iPadを手術室に持ち込んで3D(3次元)化した医用画像で術野を確認したり、遠隔地にいる専門医がiPadで画像を読影したりするケースが登場してきた。こうした利用によって、より多くの情報を基にした診療が広がれば、医療の質の向上につながりそうだ。

精緻な画像で手術・読影を支援の画像

ログインして全文を読む