8月25日から開催された欧州心臓学会(ESC2010)で新しい心房細動ガイドラインが発表された。これまでのESCの心房細動ガイドラインは、米国心臓協会(AHA)や米国心臓学会(ACC)と共同で作成されていたが、今回から初めて、ESC単独のガイドラインとなった。新ガイドラインで特に注目されるのは、AF患者の脳卒中リスクを評価するためのCHADS2スコアに加え、新しいCHA2DS2-VAScスコアの使用を推奨している点だ。

欧州が独自の新「心房細動ガイドライン」の画像

ログインして全文を読む