AF患者の脳卒中を予防するには、ワルファリンによる抗凝固療法が有効だ。しかし、プロトロンビン時間のINR値などで凝固能の定期的な検査が必要で、食物や薬物との相互作用にも注意しなければならないなど、管理が煩雑なため、その実施率は5割前後と低い。臨床現場では、より簡便で安全な新しい経口抗凝固薬の登場に期待が集まっている。

ワルファリンに代わる経口抗凝固薬、いよいよ登場間近の画像

ログインして全文を読む