市中で発症するが、一般的な市中肺炎よりも多剤耐性菌の感染リスクが高い肺炎の存在が明らかになってきた。これらの肺炎は、米国では、医療ケア関連肺炎(HCAP)と定義され、通常の市中肺炎とは異なる、HCAP独自の治療戦略が必要とされている。日本の研究においても、これらの肺炎患者に対して適切な初期治療を行えなかった場合、死亡リスクが高まることが示されている。

多剤耐性菌感染リスクが高い市中肺炎が拡大の画像

ログインして全文を読む