今年7月、メラトニン受容体に作用する不眠症治療薬、ラメルテオン(商品名:ロゼレム)が発売された。現在の睡眠薬の主力であるベンゾジアゼピン系薬とは作用機序が全く異なるため、「不眠症治療の選択肢が増える 」と日大板橋病院精神科教授の内山真氏は新薬を評価する。

“体内時計”に作用する新しい睡眠薬が登場の画像

ログインして全文を読む