「潰瘍大腸炎患者は増え続けているが、一方で重症患者の割合は相対的に減少傾向にある。手術施行例も減少している」と話すのは、大船中央病院(神奈川県鎌倉市)特別顧問の上野文昭氏だ。上野氏は、こうした傾向について「寛解導入や寛解維持を目的とした効果的な治療薬が次々と開発され、臨床使用できるようになってきたことが大きい」と説明する。

選択肢が続々、多様化する潰瘍性大腸炎の薬物治療の画像

ログインして全文を読む