ここ数年、潰瘍性大腸炎の患者数が年間約5000人を超える勢いで増加している。一方で、新たな治療薬が次々と登場し、用法・用量の見直しも進んだ結果、以前のように重症化する割合は減少し、重症化しても手術を回避できる症例が増えてきた。潰瘍性大腸炎の主訴は下痢や血便、腹痛などであり、こうした主訴を一般内科などで経験することは多い。もはやまれな疾患ではなくなりつつある潰瘍性大腸炎の診断・治療の新常識を、専門家への取材を基にまとめた。

まれではない潰瘍性大腸炎、増える中高年での初発例の画像

ログインして全文を読む