消費者の財布のひもがきつくなる中、その傾向が医療にも及んでいる。2008年以降、不況の影響で患者の家計状況が悪化し、金銭的な理由で治療費を支払わなかったり、検査や治療を拒否したりする患者が「増えている」と回答した医師は50.5%に上った。

過半数の医師が不況の影響を指摘の画像

ログインして全文を読む