医師5人のうち4人が、クレームや迷惑行為を経験──。日経メディカルの調査からは、依然として多くの医師が患者トラブルを経験している実態が明らかになった。ただしその患者像は多様化しており、悪質な迷惑患者に加え、悪意はないものの無理な要求をしたり、医師の指示に従わない自己中心的な患者も出現している。

多様化する“困った患者”の実態の画像

ログインして全文を読む