手袋は、患者と医療者双方を病原微生物の伝播から守るため、手術時に欠かせない。だが、三重大先端的外科技術開発学の小林氏美奈子は、「針刺しなどにより、小さな穿孔があいてバリア機能が破綻しているにもかかわらず、気付かず手術を続けてしまうことが少なくない」と指摘する。

意外と多い手袋の穿孔の画像

ログインして全文を読む