「手術時手洗いの目的は、皮膚通過菌を除去し、皮膚常在菌の菌量をできるだけ減らすこと。石けんと流水で汚れを落とした後、速乾性擦込式アルコール製剤をしっかりすり込むことが重要だ」。北九州市立八幡病院副院長の伊藤重彦氏はこう話す。

【手術時手洗い】アルコール製剤のすり込みが主流にの画像

ログインして全文を読む