オピオイドは、日本では癌性疼痛への使用が主だが、米国のように非癌性疼痛の患者に大量に処方されている国もある。その米国では、医療用麻薬の乱用で多数の死亡者が出て、社会問題化している。米国のようなオピオイドの乱用を予防し、適正使用の枠組みを整備することが日本でも求められる。

慢性疼痛へのオピオイドの使い方の画像

ログインして全文を読む