米国から遅れること数年、国内でもロタウイルスワクチンの臨床応用が目前に迫ってきた。グラクソ・スミスクライン(GSK)と万有製薬の2つのロタウイルスワクチンが承認申請中だ。大阪労災病院小児科部長の川村尚久氏は、「原則としてはすべての小児に、特に保育園などに子どもを預ける家庭や、兄弟の多い家庭の乳幼児に接種を勧めたい」と話す。

臨床応用目前のロタウイルスワクチンの画像

ログインして全文を読む