過去の健康被害による訴訟や副反応への抵抗感など、様々な要因がからみ合い“ワクチン後進国”となっていた日本。しかし近年、新たなワクチンが承認され、ワクチンに対する理解が進んでいる。積極的に接種を推し進めてこなかった行政も変わりつつある。

転換期を迎えるワクチン行政の画像

ログインして全文を読む