「副反応が生じた接種者の救済と医学的な追及は別にすべき」。国立感染症研究所感染症情報センター長で厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会委員も務める岡部信彦氏は、ワクチン接種の普及のためには、リスクに備えた環境整備が不可欠だと話す。

「副反応への救済と医学的な追及は別にすべき」の画像

ログインして全文を読む