今改定では同じ診療科でも新設点数の算定の有無や、在宅医療への取り組みなどで影響に差がみられる。一方、眼科や精神科など診療科特有の点数の引き下げについては、減収分のカバーは難しいようだ。

痛手少ない内科、他科は増収難しくの画像

ログインして全文を読む