治療抵抗性高血圧には、腎機能低下による体液過剰が関与していることがある。こうしたケースでは、利尿薬で体液量を正常にすると、降圧薬の効きがよくなる。腎輸出細動脈の拡張作用があるCa拮抗薬は、尿蛋白を抑制できる。

CKD合併例の降圧治療は体液量や蛋白尿を念頭にの画像

ログインして全文を読む