今回の糖尿病診断基準改訂におけるもう1つの大きな変更点は、HbA1cの表記法だ。わが国ではこれまで、HbA1cの表記に、独自基準であるJDS値を用いてきた。だが、国際標準化に対応し、国際学会や英文論文などでは2010年7月1日から、日常臨床や健診などの現場では約1年後のあらかじめ定められた日時をもって、NGSP相当値(%)を使用することになる。HbA1cの測定法はこれまでと変わらず、NGSP相当値(%)は、JDS値(%)に0.4を加えた値になる。

HbA1c表記「+0.4%」の波紋の画像

ログインして全文を読む