2010年7月1日に、11年ぶりとなる糖尿病の新しい診断基準が施行される。新基準では、「糖尿病型」の判定にHbA1cの基準が設けられた。1回の採血で血糖値とHbA1cの測定結果が両方とも糖尿病型であれば、それだけで糖尿病と診断できる。また、HbA1cの表記法もJDS値に0.4を足したNGSP相当値に変更される。本特集では、こうした改訂のポイントと共に、日常診療への影響について、糖尿病を専門とする医師らの意見を紹介する。

「HbA1c 6.1%以上」追加で、診断の間口広がるの画像

ログインして全文を読む