従来、患者はごく少数と考えられていた原発性アルドステロン症(PA)。しかし、血漿アルドステロン濃度と血漿レニン活性の測定が一般化したことで、極めて多くの患者が存在することが分かった。関係学会はPAの拾い上げに向け、ガイドラインの整備などに力を入れている。

原発性アルドステロン症診療の新常識の画像

ログインして全文を読む