瀬戸際の自治体病院で、経営改革の遅れが目につく。基本である経営効率化すら、不十分な病院もまだ残っている。急性期医療へのこだわりが、大胆なリストラの障害となった社会保険病院もある。

機能転換を阻む住民・医師の画像

ログインして全文を読む