「日本人男性の男性型脱毛症の発症頻度は約30%で、成人男性800万〜1000万人が薄毛を気にしている」。こう話すのは、大阪大学皮膚・毛髪再生医学教授の板見智氏だ。前頭部および頭頂部の毛髪が細く短くなる男性型脱毛症は、男性の薄毛や脱毛の主な原因とされる。かのジュリアス・シーザーもしかりで、古代から多くの男性の悩みの種となってきた。

ここまで分かった!「男性型脱毛症発症」のメカニズムの画像

ログインして全文を読む