未だ発症の原因が明らかになっていない川崎病。その患者数は4年連続で1万人を超えており、乳幼児の罹患率も上昇している。川崎病の好発年齢は1〜2歳ごろとされ診断のポイントも明確にされているが、年齢によって症状の出方が違うことが多いので、注意が必要だ。

川崎病の罹患率「史上最高」はなぜ?の画像

ログインして全文を読む