アルコール性肝硬変の患者は栄養状態が悪く、高カロリー高蛋白食を摂取すると、肝機能が改善する。戦後間もないころの欧米のこうした報告をきっかけに、長年、国内でも慢性肝疾患の患者には高カロリー高蛋白食が勧められてきた。 だが、食生活は大きく変わり、慢性肝疾患の中では今、脂肪肝が問題になっている。

【慢性肝疾患】高カロリー高蛋白食が基本かの画像

ログインして全文を読む