心臓に負荷をかけないよう、心不全には安静が大事だというのが、昔の医師の常識だった。だが、「安静を強いられると廃用が進み、ADLが大きく低下する。動かないことに対する不利益が認識され始め、運動療法の研究が進んだ」と埼玉医大国際医療センター心臓リハビリテーション科科長の牧田茂氏は話す。

【慢性心不全】できるだけ安静にすべきかの画像

ログインして全文を読む