従来、国内では「小さく生んで大きく育てる」「妊娠中は、太らないのが理想」といった認識の下、体重増加を抑制する方向に指導されるケースが多かった。「巨大児や妊娠高血圧症候群、帝王切開など、肥満による周産期合併症のリスクが強調されすぎて、やせている人に対してあまり意識がいっていなかった」と愛育病院(東京都港区)産婦人科医長の竹田善治氏は話す。

【妊婦】妊娠中は体重が増えないようにすべきかの画像

ログインして全文を読む