中医協の委員を受けるに当たり、厚生労働大臣政務官の足立信也氏からは、「中医協を変えてくれ」と言われていた。私は中医協が“決められたパイの奪い合い”では仕方ないと思っていたし、従来の流儀にとらわれず、現場の代表として発言するのが自分の中医協での役割だと思って議論に臨んだ。

今回の改定は100点満点で59点の画像

ログインして全文を読む