「厚生労働省というよりも財務省主導の改定だったという印象だ。改定率はプラスだが小幅であったし、昨年秋の行政刷新会議の事業仕分けの結果がそのまま反映されたような内容だった点は不満だ。喫緊の対応が必要な分野に重点配分したいという厚労省の考えは分かるが、眼科の点数を下げるにはあまりにも根拠が乏しいのではないか」

眼科点数の引き下げ理由はあまりに薄弱の画像

ログインして全文を読む