「これまで外保連試算は、診療報酬改定時、手術の難しさを評価し、財源を各手術料に振り分ける際の参考に使われてきた。ただし、今回のように、手術料の増減を決定する際の基礎資料となったのは初めてのことだ。これは画期的な変化であり、かつ責任が重いと感じている」

外保連試案で手術料の増減が決まったのは画期的の画像

ログインして全文を読む