むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群、RLS)は、皮膚所見が見られないにもかかわらず、下肢の深部にかゆみなどの不快な異常感覚が生じ、下肢を動かさずにいられなくなる疾患だ。日本におけるRLSの有病率は3〜5%で、女性に多い傾向がある。治療が必要な患者は約200万人に上るともいわれており、睡眠時無呼吸症候群に並ぶ、睡眠障害の主な原因の一つだ。

むずむず脚症候群に新薬登場の画像

ログインして全文を読む