「喘息患者の良好な管理は、10%の薬剤と90%の教育からなる」。米国でかつて発表された論文の一節だ。患者の性格を把握するための心理テストの導入、身体機能の低下に応じた薬剤のデバイス選択など、患者のアドヒアランスを良好にするための患者指導の“裏技”を紹介しよう。

喘息患者指導の“裏技”の画像

ログインして全文を読む