発症2年以内の早期に吸入ステロイド薬を使用することが、難治化を防ぐ最も効果的な方法であることが分かってきた。早期診断の基準策定や、呼気だけで気道の炎症の度合いを把握できる非侵襲的検査法の開発も進んでいる。

早期の吸ステ使用で薬を減らすの画像

ログインして全文を読む