ワクチン接種児や成人の間で百日咳が流行している実態が明らかになったことで、百日咳ワクチンの接種回数を増やすための研究も進められている。10歳代や成人での発症を予防できれば、乳幼児を中心としたワクチン未接種児への感染を防ぐ効果も期待できる。

10代への追加接種で百日咳の制圧目指せの画像

ログインして全文を読む