鎮咳薬では治らない乾性咳嗽が、日に日に激しさを増す。発作性の途切れなく続く咳込みや、吸気性笛声、咳込みによる嘔吐を認め、チアノーゼや無呼吸、顔面紅潮、眼瞼浮腫、結膜充血なども出現する―。百日咳に感染したワクチン未接種児には、こうした特有の症状が認められる。

百日咳はもはや成人の疾患の画像

ログインして全文を読む