北海道医療大(北海道当別町)は、2010年4月、修士課程にナースプラクティショナー(NP)養成コースを開設した。同大大学院は、プライマリケアに従事するNPの養成を目的としている。NP養成コースの設立の経緯や、教育カリキュラムについて北海道医療大看護福祉学部長研究科長の野川道子氏、同大大学院看護福祉学部教授の塚本容子氏に聞いた。

「地域の医師と協働して地域で働くNPを育てたい」の画像

ログインして全文を読む