現在、日本国内でNP養成講座を開設している大学院は5校に上るが、その先駆けとなったのが大分県立看護科学大大学院だ。2008年に同大学院が日本初のNP養成講座を開設したことは大きな話題となり、日本国内でNPを養成しようという機運が広がった。どのような経緯でNP養成を始めたのか、特定看護師(仮称)の制度化に向けた議論についてどう思うかを同大大学院学長の草間朋子氏に聞いた。

「NP養成の議論の広がりは予想以上だった」の画像

ログインして全文を読む