東京医療保健大は2010年4月に、大学院看護学研究科の修士課程に急性期に特化したナースプラクティショナー(NP)養成コースを開設した。国立病院機構との密接な連携の下で養成を進める方針で、4月には、学科長として、日本で初めてNP養成コースを開設した大分県立看護科学大学学長の草間朋子氏が着任した(大分県立看護科学大と兼務)。

「急性期NPの養成で医療再建に貢献したい」の画像

ログインして全文を読む