糖尿病網膜症の手術でも新しい手法が登場した。硝子体手術に用いるカッターなどの器具が、20Gから25Gとより細くなったことで、大きな切開の必要がない低侵襲な手術が広がりつつある。

硝子体手術は切開しない時代にの画像

ログインして全文を読む