医師不足が特に深刻なのが外科系の職場だ。そこで働く女性医師たちは、日々、過酷な勤務を強いられている。本誌では、外科医として第一線で活躍し続ける40歳代の女性医師3人に集まっていただき、女性ならではの苦労や働き続けるための秘訣などについて聞いた。(司会は『日経メディカル』編集長・千田敏之)

私たちが外科医を続けられた理由の画像

ログインして全文を読む