作用機序の異なる既存の成分を合剤化する動きが加速している。Ca拮抗薬との新しい組み合わせのほか、併用されることが多い緑内障の治療薬においても合剤の開発が進んでいる。

Ca拮抗薬とARBの新ペアの画像

ログインして全文を読む