2007年度マッチングまで大幅な定員割れが続いていた杏林大病院だが、09年度はフルマッチを達成した。研修医獲得のため、同病院は何を行ったのか。同大医学教育学教授の赤木美智男氏と、同講師の冨田泰彦氏に話を聞いた。

「学外への情報発信が内部への情報発信に」―学生から学んだ杏林大病院の画像

ログインして全文を読む