2009年度医師臨床研修マッチングで、定員数をこれまでの45人から76人に増やした金沢大。その結果、09年度のマッチ者数は前年の39人から62人へと、大幅に増加。なぜ金沢大はこれほどマッチ者数を増やせたのか―。これまで行ってきた取り組みについて、病院長の富田勝郎氏と、卒後臨床研修センター長の吉崎智一氏に話を聞いた。

外科系プログラム新設でマッチ数大幅増の金沢大病院の画像

ログインして全文を読む