「前立腺癌の術後経過観察は、PSA(前立腺特異抗原)の数値で診ればいいので、やりやすい」と語るのは、ポートスクエア柏戸クリニック(千葉市中央区)所長の瀧澤弘隆氏。瀧澤氏の専門は呼吸器内科だが、千葉県がんセンターとの病診連携に加わったことで、前立腺全摘術後の患者の経過観察を行うようになった。

前立腺癌 − 非専門医の頼れるマーカーPSAの画像

ログインして全文を読む