乳癌は女性の癌の中で罹患数が最も多く、2003年の調査では4万人を超えている。ただし、5年生存率は70%以上と予後は良好だ。また、乳癌患者の6〜7割を占めるホルモン感受性乳癌では、術後5〜10年間のホルモン療法が標準治療となっている。

乳癌 − 長期のホルモン療法も担うの画像

ログインして全文を読む