癌の初期治療を終えた患者に対して、再発予防のための経過観察や簡単な投薬を担う診療所が増えている。がん拠点病院では、癌の病診連携の体制整備を進めており、癌を専門としない医師でも参加しやすい環境が整いつつある。国民の2人に1人が癌になる時代、診療所医師が癌診療において果たせる役割は大きい。

癌の経過観察はかかりつけ医の役割の画像

ログインして全文を読む