「治療は中心静脈栄養を行った上での絶食が基本」といまだ一部の教科書に記載されている急性膵炎の治療。しかし、特に重症急性膵炎には早期からの経腸栄養が晩期合併症予防に有効であることが、専門家の間でコンセンサスになってきている。

重症急性膵炎には早期からの経腸栄養が有効の画像

ログインして全文を読む